『チーム型SI』とは?

従来のSIサービスでは、通常、システム開発の受託が確定した段階でプロジェクトチームが編成されます。

しかし、システム開発現場でスピードが重視される昨今、その開発体制の構築は果たして効率的でしょうか。


チーム型SIサービスは、既に編成済みのプロジェクトチームに対して、システム開発を依頼していただく方式です。当サービスで、私たちは成熟した技術チームの最速提供を可能とします。

品質・コスト・納期の各面でも、さまざまなメリットをご期待ください。

チーム型SIのメリット

◆ 品質/Quality

これまでにチームが培ってきた開発手法を利用することで高品質を実現いたします。また、得意とする業務分野、開発規模をご提示いたしますので安心してシステム開発を依頼できます。

◆ コスト/Cost

チーム型SIサービスの場合、品質を担保するための準備工数が不要な他、費用のお見積りの際も、メンバーの力量を十分に考慮できますので、適正価格でのお見積が可能です。

◆ 納期/Schedule

お互いがどのように開発を進めればよいか理解しているメンバー同士で、開発効率もよく、他社提案のスケジュールに対して、20%~30%のスケジュール短縮を実現した実績がございます。

ポイント

開発チームのご紹介

現在、Tech Funでは、IoTとクラウド技術に特化した『IoT・AWSチーム』と、機械学習などビッグデータの取り扱いを得意とする『AI・Pythonチーム』が稼働しています。必要な技術要素のチームにご依頼ください。

IoT・AWSチーム
IoT・AWSチーム

大規模システム開発の対応も可能。経験豊富な技術者集団です。

IoT技術、クラウドサービスを利用したワンストップ開発を得意とするチームです。クラウドシステムの性能試験や、試験結果評価をはじめ、R&D、技術検証、プロトタイピングにも対応可能です。

  • 開発規模目安:コアメンバー4名+準レギュラーメンバー2〜5名での対応
  • 開発期間目安:6〜10ヶ月程度
  • 対応可能範囲:システム保守、エンハンス開発、性能試験、試験結果評価
  • 得意分野:IoTシステム、大規模データ処理システム、AWS、Java、Python、NoSQL、DWH
AI・Python Team
AI・Pythonチーム

トレンドの機械学習、ビッグデータ解析のスペシャリストが対応します。

AI・機械学習を利用したデータ分析が可能です。アジャイル開発で検証結果を短期コミットするR&Dプロジェクトに最適。お客様先への常駐も承ります。

  • 開発規模目安:コアメンバーを中心に4〜5名体制の構築が可能
  • 対応可能範囲:R&D、プロトタイピング、技術検証
  • 技術要素:Python、Java、C++、NoSQL、分散処理
  • 得意分野:言語解析、暗号処理、統計
Scala Team
Scalaチーム

アジャイル・スクラム開発手法に長けたチームです。

Scala言語を用いたアプリケーション開発が得意です。ビジネススピードを重視したアジャイル・スクラム開発手法のレクチャーもお任せください。お客様先への常駐にも対応します。

  • 開発規模目安:コアメンバーを中心に3〜4名体制の構築が可能
  • 対応可能範囲:要件定義、アーキテクト設計、システム設計、開発
  • 技術要素:Scala、AWS、Jenkins、NoSQL
  • 得意分野:技術検証、アジャイル・スクラム開発
品質管理

どうやって品質管理しているの?

当社開発チームでは、コアメンバーを中心にフローに則した品質管理を開発工程ごとに行っています。プロジェクトのリリース後には、毎回フローの見直しを行い、改善を繰り返すことで、より高い品質を担保しています。
多数のプロジェクトを経験してきたチームだからこそ、多くのお客様に信頼いただけています。

  • 上位エンジニアが技術調査・支援
  • 上位エンジニアが成果物レビュー
  • プロジェクトマネージャーが品質評価

ご利用の流れ

チーム型SIサービスは、以下のとおりご利用ください。

お問い合わせ

1.お問い合わせ

システム企画の概要、お見積もり用資料をご準備ください。

ご提案

2.ご提案

費用・スケジュール・ご契約内容について、弊社からご提案いたします。

ご契約

3.ご契約

提案内容にご承諾いただきましたら、お客様と弊社間でご契約を締結させていただきます。

キックオフ

4.キックオフ

契約締結後、開発プロジェクトをスタートいたします。

契約後の進め方は?

従来型SIサービスでは、開発準備を整えメンバーのトレーニングが完了しても、メンバーがプロジェクトに慣れるまで、手厚くフォローする必要があり、開発方針や規約、手順のキャッチアップ期間が必要でした。
そこで、チーム型SIサービスでは、既存の開発チームをそのままアサインすることで、キャッチアップ期間の短縮を実現しています。

開発の進め方

We will continue to support your business.

技術力とスピードを重視した開発チームが、貴社の事業をサポートします。

お問い合わせ